銀行のマイカーローンの金利キャンペーンの実態

自動車の画像 6 12月

銀行のマイカーローンの金利キャンペーンの実態

日本銀行がゼロ金利政策をはじめてから、各地方銀行をはじめ、金融期間は、日本銀行にお金を預けるよりどんどんお金を貸してその金利で利益を出そうと色々なローンの商品を出し始めました。

他の銀行でも、安い金利でローンが組めるという商品をどんどん出しているので、その競争が激しくなってきています。

私達消費者としては、安い金利でお金が借りられるようになったので、今までより車などの高額商品の購入がしやすくなったと言えるかもしれません。

車はどうしても、買う時にローンを組むものというのが一般的な意見です。

今までは、その新しい車を買う自動車販売店が進めるクレジットカード会社提携のオートローンをそのまま組んでいました。

銀行がたくさん金利キャンペーンを行っている今、それを使わない手はありません。

 

銀行マイカーローンは金利が安い

銀行のマイカーローンの一番の魅力と言えば、その金利の安さです。

平均して年利約2~3%で借入ができるので、単純計算すると100万円を借りても、一年間に発生する利息は20,000~30,000円という計算になります。

年利3%で計算した場合、支払い総額は103万円となります。

これは自動車販売店の金利と比べて格段に安いです。

しかも、地方銀行などでよくある金利キャンペーンとして、その銀行口座を給料支払い口座にしていると金利の割引が受けられるというものもあります。

地方銀行でも今盛んにマイカーローンのキャンペーンは行われているので、情報収集して一番お得な金利で車を買いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です